プログラム
トップページ > グローバルキッズパーク プログラム紹介

リハビリの時間もデジタルの力で楽しく!
子どもの好きなモノ・コトを反映したデジタルアートと5つのセンサーによって起きるインタラクションを活用した新しいリハビリツールです。壁に映した映像と様々な種類のセンサーを組み合わせて、リハビリに有効な動きに繋がるようデザインされています。夢中で遊んでいるうちにいつのまにかリハビリになっている!という画期的な療育プログラムにより、リハビリへのモチベーションや運動機能の向上が期待されます。

子どもたちが描いたものが動き出す!
描いた作品をお友だちと共有したり発表する場面設定をすることで、言語を引き出したり、創意工夫を引き出していきます。お互いの作品にも関心を持ち、塗り絵や創作活動をより楽しく意欲的に取り組めます。

Gakken-ニューブロックプログラミング

プログラム公式サイト(外部リンク)

遊びながら思考力・創造力・集中力を身につけよう!
プログラミングでありながら、タブレットやpcは不要。ニューブロックの特徴でもある、タテ・ヨコ・ナナメに自由にブロックを組んで好きなカタチを創り、付属されているコックピットやモーターへ取付、指令を出すだけで、自分の組み上げたカタチを動かす事ができます。創り上げたカタチの数だけ動かし方も自由自在。ブロック遊び+プログラミングが同時にすることが可能です。

Gakken-もじかずランド

プログラム公式サイト(外部リンク)

幼児の特性に合わせて開発された、さまざまな教材を使用し、学習の基礎づくりを目指します。
●文字の集合体としてのことば、ことばを通して国語の基礎力をつけます。
●文字を読み、書く力をつける。
●数の合成・分解を通して、数のしくみを理解する。
●数をかぞえる経験を重ねる。
●聞きとる力を確実につけていく。

nadleストライダー/三輪車/自転車

1台3役。足で地面を蹴って進む子どものためのバイク・ストライダーから始め、年齢や発達状況に合わせてペダルを付け、補助輪を付けたり外したりしていきます。体幹やバランス感覚、ペダルを漕ぐ力、ハンドル操作など、いくつかの動作を一度に行うことで子どもの集中力や達成感、可能性を引き出します。

感覚統合

「感覚統合療法」に基づいた様々な器具を設置しています。「触覚」「運動覚・固有覚」「前庭覚」の3つの基礎感覚を重視し、日常生活を行う上での活動を支える基礎を、遊びを通して楽しく行います。子どもたちが日々の活動の中で好奇心溢れる感覚を大切にしています。

イマジネーション・プレイグラウンド

プログラム公式サイト(外部リンク)

「かたちを創ることで、夢見たものを現実にする力」を育てる、全身を使って遊ぶ大型ブロック。安全かつとても頑丈なポリエチレン・フォームを使い、アメリカでは屋内外のあそび場で「自由なあそび場」の象徴的な存在になっています。この「イマジネーション・プレイグラウンド」のアイデアのルーツは、戦後の「ガレキあそび」。その場にある材料を使い、即興的になんでも創り上げてしまうというものです。

ミズノ公式運動プログラム

プログラム公式サイト(外部リンク)

スポーツを経験したことがなく運動が苦手な子どもでも、楽しく遊び感覚で走る、跳ぶ、投げるなど運動発達に必要な基本動作を身につけられるよう開発された運動遊びプログラムのことです。(1)25m走(2)25mハードル走(3)立ち幅跳び(4)エアロケット投げ(5)エアロディスク投げ(6)ソフトハンマー投げ、の6種目を計測する「スポーツテスト」及びこれら種目を混合し作成した「遊びプログラム」から構成されています。

エアトラックファクトリー

プログラム公式サイト(外部リンク)

多くの体操教室、スポーツジム、格闘技、チアリーディングなど、あらゆる練習場や大会の場面で使用されています。無用なケガを防ぎながら、安全に練習に打ち込める。身体にふたんをかけずに、フィットネスを楽しめる。そんなニーズに応える、新時代の運動遊具です。

専用スタジオ

ヨガ、ダンス、空手等に使用できる専用スタジオを完備しています。太陽光が沢山入る明るい室内に、大きな鏡。木目の床は安全の為、少し柔らかい作りになっています。

Rody(ロディ)

プログラム公式サイト(外部リンク)

バランスボールの製造技術を用いて作られた乗用玩具。
ロディにまたがって、遊びながら運動神経やバランス感覚、体幹を養うことができ、子どもの発達に合わせて、体のバランスのとり方や筋力の弱い部分などを確認することができます。

ボールプール/トランポリン(ボーネルンド)

プログラム公式サイト(外部リンク)

海のようなボールプールをひっくり返すとトランポリンにもなります。かなり大きい為、高いジャンプが可能です。ボールは4000個程入れなければ満杯になりません。

PRIMO

プログラム公式サイト(外部リンク)

3歳から楽しく遊びながら学べます。手で触れることのできるプログラミング言語、ブロックを使ってロボットを動かします。子どもの自発的な発見と学びを尊重するモンテッソーリ教育の理念に沿った教具で、思考能力の訓練を楽しむために開発されたプログラミング言語、LOGO Turtleにも着想を得ています。

KIDS乳幼児発達スケール

プログラム公式サイト(外部リンク)

1989年、全国38都道府県の乳幼児約6,000名によって標準化された新しい検査です。乳幼児の自然な行動全般から発達を捉えることができ、場所・時間の制限を受けずにどこでも短時間で診断できます。領域別評価の示されない他の知能検査等の補助検査としても活用することができます。

Vineland-II

適応行動の発達水準を幅広くとらえ、支援計画作成に役立つ検査です。年齢群別の相対的評価を行うとともに、個人内差を把握できます。適用範囲が広く(0歳~92歳)福祉・医療・教育・研究といった幅広い分野で利用可能です。

ブロック

プログラム公式サイト(外部リンク)

幼稚園から小学校、中学校、そして高校、大学まで多岐にわたり、楽しみながら学び、そしてその学びをより効果的に発展させることを目的に開発されています。ハンズオンの手を使ったブロック教材と、デジタルの融合で、子どもたちが創造力や論理的思考力、問題解決力を伸ばしていけるように工夫しています。

サイバーホイール(ボーネルンド)

プログラム公式サイト(外部リンク)

安全に全身を360°回転させられるようにと開発された遊具です。「集中力」「落ちつき」「指先の器用さ」などを養います。

VOCALOID Education

ヤマハが小中学校向け教育パッケージとして開発しました。タブレットのタッチ操作で作詞作曲ができるソフトで、楽譜が読めない子供でも簡単に音楽が作れます。

巧技台

子どもたちは自分自身の力で、正しく上手に手足を使い、もっと高い所へ登り、渡り、降り、ぶら下がる、などの「縦方向の動き」の経験を積み重ねることが大切です。それらの運動を安全に、効果的に体験できるのが、巧技台あそびです。

療育55段階プログラム講座(四谷学院)

プログラム公式サイト(外部リンク)

四谷学院の55レッスンでは、生活での重要度が高く、全ての学習の基礎となる「ことば(国語)」「かず・ちえ(算数)」「生活・ソーシャルスキル」について、未就学~小学校4年生程度の範囲を学習します。一般的な社会生活で必要なスキルは小学校4年生までに学習する読み書き算数の範囲とされており、55レッスンではそれらを体系的に組み立ててカリキュラムを作成しています。